teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


きょうの記事

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 6月13日(水)12時37分20秒
  障害者ETC割引「半額」悪用相次ぐ 悪質ドライバーが増えれば制度見直しも?


6/13(水) 9:01配信

産経新聞







障害者ETC割引「半額」悪用相次ぐ 悪質ドライバーが増えれば制度見直しも?


ETC不正利用のイメージ


 高速道路料金が半額となる身体障害者向けのETC割引制度を悪用し、正規料金の支払いを免れるドライバーが相次いでいることが12日、分かった。阪神高速道路会社(大阪市)が今年4月末までの1年間で約20人の不正を確認した。兵庫県警は2月、同社の情報をもとに過去5年で130万円以上を“踏み倒した”とされる男を逮捕したが、今後も不正が続けば、身体障害者全体の利便性に悪影響を及ぼす恐れもある。(木下未希)

 「障害者の割引制度を悪用している車がある」。昨年12月、同社からこんな相談を受けた県警は不正な車の捜査に乗り出した。運転していたのは兵庫県内で自動車整備会社を営んでいた男(65)。今年2月、電子計算機使用詐欺などの疑いで男を逮捕した。

 県警によると、男の妻は身体障害者で、10年ほど前に妻名義で高速道路料金の割引制度の適用を福祉事務所に申請。割引を受けるのに必要なETC車載器とカードを登録した。

 同制度は身体障害者が登録した車を自ら運転するか、重度の障害者を乗せて別の人が運転する際、高速道路料金が半額になる。男は制度を悪用しようと、仕事で使うレッカー車に車載器を移設。登録したETCカードで過去5年間、阪神高速道路を2400回以上も不正通行した。不正に免れた正規料金は約130万円以上にのぼった。

 県警の調べに対し、男は「安い料金で通行したかった」などと身勝手な理由を供述した。なぜ、不正は5年以上も発覚しなかったのか。阪神高速の料金は昨年5月末まで「普通車」と「大型車」の2つに区分されていたが、男のレッカー車は中型車。料金区分上は普通車に含まれ、車載器を移し替えて登録カードを使えば自動的に割引が適用された。事故を起こして警察沙汰にでもならない限り、不正を見つける手立てがなかったのだ。

 ところが、同社は同6月に料金区分を改正し、中型車と普通車を分離した。男はこれまで通りレッカー車でETCレーンを通行したが、レーンの機器が車種を判別できず、エラーが生じたことで不正が発覚した。

 昨年の料金区分の改正を機に同社が調査を進めたところ、約20人のドライバーが男と同じ手口で割引制度を悪用していたことが判明した。同社はこれらのドライバーについても警察当局に被害を相談するなどしており、現在も捜査は進行中とみられる。

 ETCが導入された当初、身体障害者が割引を受けるには、料金所で職員に直接料金を支払う必要があった。だが、利便性向上の観点などから平成16年以降、登録した車載器とカードを使えばETCレーンを通行できるようになり、これを機に同様の不正が始まったとみられる。

 同社の担当者は「悪質ドライバーが増えれば、障害者のETC割引制度が見直される可能性もある。今後も不正には毅然と対応していく」。

 NPO法人「兵庫障害者センター」の井上義治事務局長は「ETC割引制度は高速料金が半額になるとはいえ、障害者を抱える家庭の負担を考えれば支援額としては不十分。それなのに一部の人が制度を悪用すれば、制度自体の存続が危うくなるだけでなく、障害者への支援全体に対し厳しい目が向けられることになる。一刻も早く根絶しなければならない」と話している。
 
 

半年ぶりの定期健診その2

 投稿者:富安  投稿日:2018年 6月 9日(土)01時59分39秒
  よくなることはないので、どれだけ障害が進行しているのかのチェックですが色々
と助言いただき心強いばかりでした。次回はまた半年後、行くのが楽しみです。
 

fysd2@lk

 投稿者:富安  投稿日:2018年 6月 9日(土)01時57分4秒
  よくなることはないので、どれだけ障害が進行しているのかのチェックですが色々
と助言いただき心強いばかりでした。次回はまた半年後、行くのが楽しみです。
 

半年ぶりの定期健診

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 6月 8日(金)19時30分4秒
  6月7日(木)に門司レトロ地区に接する九州労災病院門司メディカルセンターの蜂須賀先生を訪ねて行ってきました。半年ぶりの検診でした。門司レトロ展望室のある高層マンションをスライドするとすぐに病院となります。途中ロバート秋山の父親が経営する船上レストランが見えます。  

今日の障害年金のニュース

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 5月29日(火)10時30分40秒
  <障害年金>1000人打ち切りか 審査集約、戸惑う受給者


5/29(火) 6:30配信

毎日新聞



 日本年金機構が障害基礎年金の受給者約1000人余りに対し、障害の程度が軽いと判断して支給打ち切りを検討していることが判明した。対象者には、特例的に1年間の受け取り継続を認めつつ、今年度中に改めて支給の可否を審査するとの通知が届いている。都道府県単位だった審査手続きが全国で一元化された影響とみられるが、受給者の間には「症状は改善していないのに困る」と戸惑いが広がっている。

 障害基礎年金は、20歳前から難病を抱える人や、国民年金加入者が障害を負った場合などに、年80万円程度を下限に支払われる。機構や関係者によると、通知を受け取ったのは1010人で、いずれも20歳前から障害がある成人という。

 1010人は2017年、症状に応じ数年おきに必要な更新時期を迎え、医師の診断書を提出した。機構は同年12月~今年1月、「障害基礎年金を受給できる障害の程度にあると判断できなかった」との審査結果を通知。ただし17年度は支給を続け、18年度に改めて審査した上で「診断書の内容が同様なら支給停止になることもある」と示した。

 1000人規模の支給打ち切りが過去にあったかどうか、機構は「データがない」と明らかにしていないが、経過措置を設ける通知を出したのは初めてという。厚生労働省幹部は「影響の大きさを考慮した激変緩和の意味もある。審査をし直した結果、継続が認められる可能性もある」と話す。

 背景にあるのは審査手続きの変更だ。以前は都道府県ごとにあった機構の事務センターが認定業務を担当し、それぞれ地域の医師が診断書をもとに審査していた。しかし、不認定の割合に地域差があると問題視され、機構は17年4月に認定業務を東京の障害年金センターに集約。審査する医師も変わった結果、不認定の割合が増えたという。

 機構の担当者は「審査業務の変更という特別な事情を考慮し、今回の診断書だけで障害の程度を判断するのは適切でないと考えた。対応は妥当だ」と説明する。【原田啓之】

 【ことば】障害基礎年金

 20歳前や国民年金の加入時などに病気やけがで障害を負った人に支給される年金。障害の程度によって1、2級に区分される。年間支給額は1級が約97万円、2級が約78万円で、子どもがいれば人数に応じた加算がある。受給者は2017年3月末時点で約184万人。初診時に会社勤めなどで厚生年金に入っていた人には、等級区分が異なる「障害厚生年金」が支給される。
 

その5  講演

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 4月24日(火)18時12分20秒
  産業医科大学リハビリテーション科の松島康之先生と蜂須賀明子先生から神経の医学的な研究報告のお話と明子先生がカナダに留学されていた時のお話などをプロジェクターを使って聞かせて頂きました。ずいぶんと奥深い研究をされているものだと感心しました。いづれその結果が私たちに還元されるとうれしい限りです。  

その4 おひるごはん

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 4月24日(火)18時03分2秒
  くじ引きで三つのパートに分かれておしゃべりしながらのお昼ごはん会。おいしいお弁当でした。  

その3  まずは会長ご挨拶

 投稿者:富安  投稿日:2018年 4月24日(火)17時07分26秒
  会長の挨拶の後は29年度の事業報告と会計報告。さらに30年度の事業計画と予算についての説明。
また30年度の役員体制について。
 

その2 受付の様子

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 4月24日(火)13時00分42秒
  11時からの総会でしたが会員総数129名のうち30名弱の方にご参集頂きました。  

4月22日(日)ポリオの会総会でした。

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 4月24日(火)12時56分18秒
編集済
  平成30年4月22日(日)、春日市のクローバープラザにて今年度のエンジョイポリオの会総会がありました。久しぶりに見るお顔もあって懐かしささえありました。
ただずいぶんとみなさんの平均年齢が高くなりました。
 

レンタル掲示板
/33